1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:25:11 ID:gBs
尊属殺人重罰規定
薬事法距離制限規定
衆議院議員定数配分規定
森林法共有林分割制限規定
郵便法免責規定
在外邦人の選挙権制限
非嫡出子の国籍取得制限
非嫡出子の法定相続分規定
女性の再婚禁止期間

以上






2: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:26:26 ID:r9U
顔への傷で男女差別あったのも違憲にしただろ

5: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:27:36 ID:ceq
>>1
これ全部解説できる人(学者以外で)ほとんどおらんやろ

28: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:35:37 ID:yyJ
>>5
尊属殺人重罰規定
尊属にたいする殺人罪の量刑が死刑か無期懲役しかなかったのが違憲

薬事法距離制限規定
薬局の距離規制が職業選択の自由の侵害のため違憲

衆議院議員定数配分規定
一票の格差を放置してたのが違憲状態
事情判決の法理で選挙無効にはならず

森林法共有林分割制限規定
私有林の分割を禁止してたのが違憲

郵便法免責規定
郵便物の破損等に対して特別の免責規定をしていたのが違憲

在外邦人の選挙権制限
在外法人への投票の機会を与えていなかったのが選挙権の侵害で違憲

非嫡出子の国籍取得制限
嫡出子でないと国籍取得できないのが違憲

非嫡出子の法定相続分規定
嫡出子の1/2の相続分なのが違憲

女性の再婚禁止期間
300日も再婚禁止期間があるのが200日分の整合性がなく違憲

29: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:36:23 ID:EUG
>>28
有能

31: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:41:11 ID:Lgu
>>5
資格試験で一通り勉強したけど、実務で憲法を使う資格者もほとんどおらんわな

32: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:42:01 ID:EUG
>>31
何試験?

33: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:42:55 ID:Lgu
>>32
しほう

7: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:27:50 ID:R0z
ドイツやイタリアの改憲回数より少ないな

8: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:28:11 ID:r9U
>>7
本来あるべき憲法の姿やな
改良なら

11: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:28:51 ID:pwo
1票の格差は?

13: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:29:13 ID:r9U
>>11
それは違憲状態だったかな

15: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:29:47 ID:ceq
>>11
定数配分規定のやつかな

12: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:29:11 ID:ttQ
最高裁ほんまイラネ

14: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:29:32 ID:r9U
>>12
ちゃんと弾劾できない国民、無能!

18: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:30:19 ID:E1U
尊属殺人重罰規定は
親を殺したときの罪が重すぎるから法律変えろってやつやろ
ゴミクズの父親を娘が殺しちゃったけど娘が可哀そうすぎるから憲法変えて罰を軽くしようってやつ

23: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:31:44 ID:ceq
>>18
あれって性的虐待なんやろ?
話を聞いただけで胸糞悪いわ

24: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:33:53 ID:E1U
薬事法距離制限規定は薬局の近くに薬局を立ちゃだめって憲法が違憲になった
薬にも安全な薬とか危険な薬とかがあるから一般人が選びやすくするようにしないとだめだから

40: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:48:55 ID:gBs
尊属殺人重罰規定

・判決日
1973年(昭和48年)4月4日

・該当する条文
日本国憲法憲法第14条1項 × 刑法第200条

・違憲とした理由
親族間に対する殺人(尊属殺)を、通常の殺人罪よりも厳罰化していた刑法200条は、
第14条第1項(法の下の平等)に違反する。

・補足
刑事事件の裁判での最高裁違憲判決は、2017年(平成28年)現在の所、この1件だけである。
また、尊属殺自体は1995年(平成7年)5月12日の刑法全面改正まで撤廃されなかった。

41: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:49:46 ID:gBs
薬事法距離制限規定

・判決日
1975年(昭和50年)4月30日

・該当する条文
日本国憲法第22条 × 薬事法第6条第2項

・違憲とした理由
薬事法の適正配置規制は、立法目的(不良医薬品の供給の防止)を他の手段で実現できるものであるから、
第22条第1項(職業選択の自由)に違反する。

43: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:50:18 ID:gBs
尊属殺人重罰規定

・判決日
1973年(昭和48年)4月4日

・該当する条文
日本国憲法憲法第14条1項 × 刑法第200条

・違憲とした理由
親族間に対する殺人(尊属殺)を、通常の殺人罪よりも厳罰化していた刑法200条は、
第14条第1項(法の下の平等)に違反する。

・補足
刑事事件の裁判での最高裁違憲判決は、2017年(平成28年)現在の所、この1件だけである。
また、尊属殺自体は1995年(平成7年)5月12日の刑法全面改正まで撤廃されなかった。

45: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:50:37 ID:gBs
衆議院議員定数配分規定

・判決日
1976年(昭和51年)4月14日

・該当する条文
日本国憲法第14条、第44条 × 公職選挙法

・違憲とした理由
一票の格差が1対5である公職選挙法の定数配分は、第14条第1項(法の下の平等)、
第44条但書き(普通選挙等)に反する。

・補足
法令は違憲だが、選挙自体は有効とした。

47: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)12:51:23 ID:R0z
ふむ


以下、最終兵器VIPPERがお送りします 2099/01/01(水) 00:00:00.000 ID:xxxxxx


引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1512617106/