最終兵器VIPPER

2ちゃんねるのニュー速VIP板で、面白いと思った記事をまとめています 皆さんいつもコメントありがとう御座います!

科学/テクノロジー

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/28(水)01:26:38 ID:QCJ
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9810_tiangong1
総重量8.5トン
3月30日~4月2日の模様
落下位置も未だ不明

3: 名無しさん@おーぷん 2018/03/28(水)01:27:18 ID:Di0
ワイにクリティカルヒットしろや

4: 名無しさん@おーぷん 2018/03/28(水)01:27:36 ID:Txs
そもそも陸地に落ちる可能性すら低いからセーフ

5: 名無しさん@おーぷん 2018/03/28(水)01:27:57 ID:cum
まあ大気圏で爆発するやろ

【【悲報】中国の宇宙ステーション、まもなく地球に落下】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/08(木)23:52:30 ID:jIX
どっかに必ずいるよな
地球より1万年早く文明が発達した星とか

2: 名無しさん@おーぷん 2018/03/08(木)23:53:25 ID:idz
絶対いる

3: 名無しさん@おーぷん 2018/03/08(木)23:53:32 ID:u4T
人間も宇宙人やしどっかに別の生命体くらいおるやろ

4: 名無しさん@おーぷん 2018/03/08(木)23:53:49 ID:jIX
会える日は来るんだろうか・・・
恥ずかしいけど毎日思いを馳せてる

【宇宙人が存在してほしい奴wwwwwwwwwww】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/27(火)10:34:01 ID:kkI
彡(^)(^)「地球みたいな見た目してるしさぞ過ごしやすいんやろなあ」

2: 名無しさん@おーぷん 2018/02/27(火)10:34:47 ID:1zk
往路だけで5年以上かかるんだっけ

3: 名無しさん@おーぷん 2018/02/27(火)10:34:59 ID:bbF
何年かかるねん

4: 名無しさん@おーぷん 2018/02/27(火)10:37:07 ID:kkI
彡(^)(^)「40度?ちょっと暑いくらいやしへーきへーき」



彡(゚)(゚)「ファッ!?40ケルビンやんけ!」

【彡(゚)(゚)「海王星か…行ったろ!」】の続きを読む

1: 2018/02/20(火) 14:22:31.095 ID:fZD4YdQZ0
火星→地球とほぼおなじ大きさで地表がある。大気も存在している。地球と違うところは地面が過塩素酸塩で覆われ生物だと死滅しやすい事と、
   大気の95%が二酸化炭素なので息がしにくい

金星→地球とほぼ同じ大きさと重さで四季もあり、移住後も季節の変化を楽しめる。地球とちょっぴり違うところは気温が500度を超える事と硫酸の雨が降る。
   夜であれば400度と比較的涼しい

海王星→水で覆われており、船を持っていけば広大な海をのんびりとクルーズで楽しめる、地球と少し違うところは平均気温が-200度である事と常時風速2000kmであることぐらい
    あとは近づくと水爆の30000倍の放射線がふりそそぐ

5: 2018/02/20(火) 14:23:56.858 ID:SZbmwcAe0
月でいいじゃん

7: 2018/02/20(火) 14:25:16.681 ID:nmMNFN2ed
この中だと海王星はちょっぴり危険な気がするな

8: 2018/02/20(火) 14:25:37.236 ID:/p8fizPb0
一番下は移住できなさそうなんですが他はどれだけ酷いんですかね?

【地球人が移住できそうな惑星一覧wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/02(金)20:11:28 ID:fjU
1(右)五フッ化アンモチン
2(二)フッ酸
3(三)トリフルオロメタンスルホン酸
4(一)硝酸
5(捕)フルオロ硫酸
6(左)硫酸
7(中)塩酸
8(投)ヘキサフルオロアンモチン酸
9(遊)デオキシリボ核酸

2: 名無しさん@おーぷん 2018/02/02(金)20:11:47 ID:39W
解説はよ

7: 名無しさん@おーぷん 2018/02/02(金)20:13:17 ID:fjU
解説するやで

17: 名無しさん@おーぷん 2018/02/02(金)20:15:59 ID:fjU
五フッ化アンチモンはアンチモンのフッ化物で化学式はSbF5
水と激しく反応してフッ化水素を出すんや この化学式は省くで とっても有毒なんやで

【酸で打線組んだwwwwwwww】の続きを読む
         

このページのトップヘ